恵方巻き静岡県の2018年の方角は?正しい食べ方と由来は?

この記事は2分で読めます

こんにちは。きぼりです。

 

そろそろ節分が近づいてきたので

恵方巻きの準備をしましょう!

 

もともと静岡県では恵方巻きの風習はなかったと思いますが

最近ではコンビニやスーパーでも売り出されていたりするので

新しい風習になりつつありますね。

 

毎年恵方(方角)は変わるので、今年はどの方角かまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

由来は?

まずは由来からおさらいしていきましょう!

もし由来を知らない方は、ここでしっかり確認しておきましょう。

 

恵方巻きの由来は諸説あり大阪発祥の風習と言われています。

 

江戸時代に大阪の商人たちの商売繁盛と邪気払いの意味合いで節分に

「幸運巻き寿司」を食べる習慣が始まったとする説があります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/恵方巻

 

このようにもともとは「恵方巻き」という名前ではなく

2000年ごろからこの名前で広まったようです。

 

セブンイレブンがこの風習を広めたという説があります。

 

「恵方巻き」自体はそんなに古いものではなく

割と最近始まり、広まった風習だったんですね。

 

それでは正しい食べ方を見ていきましょう!

 

正しい食べ方は?

ちゃんと正しい食べ方じゃないときっとご利益が半減してしまうので

節分前にしっかりチェックしておきましょう!

 

①恵方(方角)を向く

毎年変わる恵方を確認して必ず恵方を向いて食べましょう。

食べている間はよそ見をしないで、恵方だけを見ないといけません。

 

②無言で

食べている間は無言で食べましょう。

食べ終わるまで無言じゃないとご利益がないそうです。

 

③丸ごと食べる

恵方巻きを切ったりはせずに丸ごと一気に食べましょう。

子供が食べる場合は細めに巻いてもいいそうです。

 

この3つをしっかりとやればバッチリです!

今年はこれでご利益間違いなしですね。

スポンサーリンク

恵方(方角)は?

それではお待ちかねの恵方(方角)を確認していきましょう。

 

今回の記事のタイトルに「静岡県の」と書きましたが

実は恵方は全国どこにいても同じです。

 

2018年の恵方は

「南南東」

になります!!

 

今年は「南南東」を向いて「恵方巻き」を食べましょう。

 

最後に

最近では我が家でも毎年「恵方巻き」を食べていますが

由来や正しい食べ方は知らなかったので

今年はしっかりと確認したのでちゃんとご利益がありそうです。

 

いろんなお店でおいしそうな「恵方巻き」がたくさん出るので

今年はどこの「恵方巻き」を食べようか楽しみです!

 

皆さんも正しい食べ方で「恵方巻き」を食べて

節分を家族で楽しんでください。

 

私は今年前厄の年なので、ご利益があることをたくさんやっていこうかなと思います。

 

それでは。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。