皆既月食2018年1月31日(東京都)のピーク時間や方角は?

この記事は2分で読めます

こんにちは。きぼりです。

今回は2018年1月31日に観測される
「皆既月食」についてまとめたいと思います。

 

皆既月食を観測するために「ピーク時間」「方角」

しっかりチェックして、観測できなかったということがないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

皆既月食とは

まずは皆既月食についての知識もないと楽しめないので

おさらいしておきましょう。

 

月食の仕組みはこちら

 

月食は部分食皆既食がありますが今回は皆既食の方ですね。

 

太陽光がほとんど遮られた地球の影を本影といい、その本影に

月が全て入り込むことを「皆既月食」と言います。

 

方角

それでは今回観測される方角から確認していきましょう。

 

2018年1月31日の皆既月食は日本全国で観測できますが方角は

南東です!

 

月の位置を探せば方角はわかるのでコンパスなどがなくても大丈夫です。

月食が始まる前から見る場合は、いつもの月を探しましょう。

 

すでに月食が始まっている場合は赤銅色になってきているので、いつもと

少し色が変わっていて少し暗めの色になっているので注意です。

 

月食時間

部分食が始まるところから時間を確認していきましょう。

 

部分食開始:2018年1月31日 20:48ごろ

この時間から少しずつ月食していくので始めは月食がわかりづらいので

もし時間があまりない方は、これ以降の時間から見始めても全然間に合います!

 

月食終了:2018年2月1日 00:11ごろ

この時間までは月食を楽しめます。

時間が長いですがもしできたら最初から最後まで楽しんでみてください!

 

スポンサーリンク

ピーク時間

お時間がどうしてもない方は皆既食の時間だけでも!

 

皆既食開始:2018年1月31日 21:51ごろ

皆既食終了:2018年1月31日 23:08ごろ

 

ピーク時間は

2018年1月31日 22:29ごろ

この時間が1番大事です。

忙しい方はこの時間だけでも皆既月食楽しめますよ!

 

今回の皆既月食は観測できる時間が1時間以上あるので

初心者でも観測しやすいです。

いつもはなかなか挑戦できない方もお子様も、今回は簡単に観測できるので

ぜひ見てみてください!

 

最後に

次に部分食の始めから終わりまで観測できるのは

2022年11月だそうです。

まだまだ先なので、今回もしお時間取れる方はぜひ始めから終わりまで

みてみてください!

 

外で見る場合はとっても寒いと思うので防寒もしっかりして

風邪ひかないように気をつけてくださいね。

 

なかなか見られるものではないのでお子様とも一緒に

楽しめたらいいですね。

でも時間が遅いので無理はなさらずに。

 

それでは。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。