駿府城公園の桜2018年の開花情報と混雑情報は?駐車場も調査!

この記事は2分で読めます

こんにちは。きぼりです。

 

連日平昌オリンピックの記事を書いて来ましたが

そろそろオリンピックも終わるのと、3月も近づいて

来ているのでそろそろお花見系もたくさん情報を調査

していきたいと思っています。

 

以前にもお花見系で調査したのが

こちらの3つの記事もよかったら見てみてください。

 

そして今回調査したのは駿府城公園の桜についてです。

調査内容をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

駿府城公園

 

住所:〒420-0855 静岡市葵区駿府城公園1-1

 

<歴史>

駿府周辺の五カ国の大名となった徳川家康公は、天正13年(1585)から居城として駿府城の築城をはじめ、天正17年(1589)に現在の二ノ丸以内の部分を完成させました。慶長8年(1603)征夷大将軍となった家康公は江戸幕府を開き、慶長10年(1605)将軍職を秀忠に譲り、翌11年(1606)より再び駿府城の修築に着手し、駿府の町割りや安倍川の治水事業に取り掛かりました。
慶長12年(1607)に本丸が完成しますが、同年12月失火焼失してしまいます。直ちに再建に取り掛かり、慶長13年(1608)本丸御殿完成、慶長15年(1610)天守を完成させました。家康公は、江戸幕府を磐石なものとするために、「武家諸法度」「禁中並公家諸法度」「元和一国一城令」などを制定するとともに、駿府城において、アジア諸国をはじめオランダ、スペイン、イギリスなどとも交易を行うなど外交も行っていました。元和2年(1616)家康公が薨去したのち、寛永元年(1624)、秀忠の息子の忠長(家光の弟)が城主となりましたが、寛永8年(1631)5月に、忠長が甲府(高崎)に蟄居を命ぜられ、駿府城の城主は不在となり、幕末まで城代が置かれました。

http://sumpu-castlepark.com/history/

 

2018年桜の開花情報

 

2月23日(金)現在で今のところは蕾が膨らんでいる程度

との情報です。

 

開花はまだまだこれからなので、また情報が入り次第随時

お伝えしていきます。

 

まだ開花していないので例年の情報を調査していきましょう。

だいたい例年でいうと見頃は3月下旬〜4月上旬です。

でも開花予報が3月下旬ごろなので、もしかしたら例年より

見頃の時期が少し遅くなるかもしれません。

 

また情報が入り次第お伝えいたします。

 

スポンサーリンク


 

混雑情報

まだ開花もしていないので混雑はそこまでしないですが

見頃の時期は混雑が予想されます。

 

また開花してから混雑情報を調査してお伝えしたいと

思いますが、3月31日(土)・4月1日(日)静岡まつり

が開催されるので確実に混雑すると思います。

 

ちょうどその頃と見頃とが重なるので、混雑が嫌な方は

少し時期をずらした方がいいと思います。

 

また実際の混雑情報はまた調査します。

 

駐車場

調査したところ専用の駐車場はなかったので

市民文化会館前駐車場(有料・地下駐車場)

にとめてくださいとのことです。

 

その他の駐車場はおまちく〜る

というサイトで調べると楽に探せるみたいです。

 

ちなみにアプリもあるみたいなので

コチラからダウンロードしてみてください。

 

最後に

あと1ヶ月ほどで桜が開花しそうなので

とっても楽しみですね。

 

混雑は嫌ですが、ちょうど見頃の時に行きたい

という気持ちもあります。

どちらを取るかですね。

 

でも結局土日は混み合うので少しぐらいすらしても

あまり変わらないかもしれませんね。

 

ではあともう少しの間楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。