マススタートとはどんな競技?ルールを簡単に解説!

この記事は2分で読めます

こんにちは。きぼりです。

 

今日も平昌オリンピックの試合が行われていますね。

とっても盛り上がっていて、日本もこれまで11個もメダルを

獲得していてとっても嬉しいですね。

 

これは全て選手の皆さんが頑張ってくれているおかげです。

世界のトップ3ってすごすぎですね。

 

今日はスピードスケートのマススタートの準決勝・決勝が

行わています。

私もルールがよくわからなかったので調査してみました。

スポンサーリンク

 

マススタート

 

マススタート=集団スタート

何人もの選手が一斉にスタートして順位を競う競技です。

タイムを競うわけではないので駆け引きも重要になってきます。

 

平昌オリンピックで初めて種目に加わりました。

 

レース

  • 400mトラックを16周滑走
  • 一斉にスタート
  • 1周目は加速禁止・2周目から加速OK

この3つがわかればレースについては完璧です。

 

スポンサーリンク


 

ルール

  • 4週ごとの順位でポイント獲得
  • ポイント数で競う
  • 最終順位で獲得するポイントが高い

<ポイント>

4周・8周・12周

1位:5点

2位:3点

3位:1点

 

最終順位

1位:60点

2位:40点

3位:20点

 

このようにポイントが加算されます。

 

最終順位のポイントがすごく高いので、最終的に1位

にならないと優勝はできません。

 

駆け引き

マススタートはただただスピードだけ早ければ言い訳ではなく

最終的に1位・2位・3位に入らないといけないので

途中までは体力温存のために1位の位置を狙わないで滑走する

ということはよくあることです。

 

とは言っても初めから最下位にいるとそこから3位以内に

上がるのは難しいので、スピードを計算したり丁度いい位置

考えたりと駆け引きが重要になってきます。

 

普通のスピードスケートとは少し違うので

選手達の駆け引きや、ラストスパートなどが見どころの

競技です。

 

最後までどうなるかわからないので、見ている側は

ワクワクドキドキですね!

 

最後に

平昌オリンピックでは男子も女子もマススタートの決勝に

出場している選手がいるので、みんなで応援しましょう!

 

今回ルールについて確認したので、決勝はもっと楽しめると

思います。

 

日本人選手がメダル獲得してくれるといいですね。

 

選手達の駆け引きを楽しみながら、日本のメダル獲得を

祈って応援頑張りましょう。

 

今回でルールがわかったので私は見ている間

16周ずっとすごいドキドキしてしまいそうです。

 

皆さんもマススタートの試合、楽しんで見てください。

それでは。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。