加熱式タバコは無害?副流煙は出ない?普通のタバコとの違いを調査!

この記事は2分で読めます

こんにちは。きぼりです。

 

TwitterでJTの加熱式タバコ「プルーム・テック」が全国で発売される

というニュースが少し話題になっていましたが、そのニュースを見て気になったことが

あったので調査してみることにしました。

 

私は喫煙しないので、加熱式タバコがどうゆうものなのかわからないので

私のように喫煙しない方は私と同じ疑問が出てくると思います。

それは、加熱式タバコは「無害なの?」「副流煙は?」「普通のとどう違うの?」

という疑問です。

 

今回はそのことについて調査してまとめたいと思います。

スポンサーリンク

 

加熱式タバコ

 

今回ニュースになっていたのが、JTの加熱式タバコ「プルーム・テック」

 

プルームテックとは

火を使わず、たばこベイパーでたばこの味香りを楽しむ、新しいスタイルのタバコです。

火を使用しないことから、燃焼により発生する煙や灰、においを気にせず、使用することができます。

たばこ葉が詰まった専用のたばこカプセルのみに使用できるたばこ用具であり、電子たばこ製品ではありません。

また、専用のたばこカプセルもパイプたばこに区分されるものであり、電子たばこ製品ではありません。

https://www.ploom.jp/support/

 

たばこベイパーテクノロジーとは、たばこ葉を直接加熱せず、カートリッジ内のリキッドを蒸気にし

これをたばこ葉が詰まった専用のたばこカプセルを通過させることで、たばこの味や香りを楽しむことが

できるJT独自の技術です。

https://www.ploom.jp/support/

 

プルームテックは火を使わないので、普通のタバコのような煙は出ずに

タバコの葉由来の蒸気が出るとのことです。

 

加熱式タバコと普通のタバコの違い

 

決定的な違いは、普通のタバコはタバコの葉に火をつけて燃やし

煙を発生させそれを吸っていましたが、加熱式タバコは火を使いません

 

加熱式タバコは、火を使わずにタバコの葉を熱してニコチンを発生させます。

なので、燃やした時に発生していたタールの量を9割軽減でき、人体への悪影響が

低減できるそうです。

 

加熱式タバコから出る蒸気は匂いが付きにくく、刺激臭も少なくなっています。

 

スポンサーリンク


 

無害?有害?

無害か有害かという点については、はっきりと「有害です」とは書いてはいなかったです。

ですが、私が調査して思ったことはやはり害は少なからずあるということ。

 

従来のタバコより9割とか害が低減されていることで、無害と勘違いが

起きているみたいですが、無害とは違うと私は思います。

 

従来のタバコの煙も加熱式タバコの蒸気もどちらも吸わないのが1番です。

 

最後に

喫煙しない私にとっては、加熱式タバコが一体どうゆうものなのかが

全くわからなかったので、今回調査してみて良かったです。

 

従来のものよりは害が少ないというのは本当なので、あとはみなさんがどこまで

OKと思うかどうかです。

「プルームテック」なら禁煙の場所でもOKなこともあるみたいなので

もし気になる場合は別の場所に移動すべしですね。

今のところは「プルームテック」などの加熱式タバコへは、従来のタバコよりも

寛大な世の中なようです。

 

私はなるべく避けたいなとは思いますが、従来のものよりはそこまで神経質に

ならなくても良さそうと感じました。

みなさんはどう感じましたでしょうか?

 

それでは。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。