みずがめ座η(イータ)流星群2018年5月6日(東京都)ピーク時間や方角は?

この記事は2分で読めます

こんにちは。きぼりです。

 

GWも残す所あと2日になりました。

お出かけしたり、ゆっくり休んだりできましたか?

 

GW最後の5月6日は「みずがめ座η(イータ)流星群」が観測できるそうです。

最後の思い出にぜひ観測しましょう!

スポンサーリンク

 

みずがめ座η(イータ)流星群

 

みずがめ座η流星群は、文字通りみずがめ座η星付近に輻射点をもつ流星群です。

η(イータ)とは、星座の各星にふられた番号のようなもの。基本的に、明るい星から順に

α(アルファ)、β(ベータ)、……と順番に名付けられています。η(イータ)はその6番目

なのでおおよそ6番目くらいに明るい星なのだと分かります。

みずがめ座η流星群は、日本からでは高度も低く、三大流星群にも遅れはとりますが

南半球の中緯度帯(ニュージーランドなど)では年間最大の流星群なんですよ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000011-it_nlab-sci

 

η(イータ)って何?って思いましたが、明るい順につけられた名前なんですね。

それにしても6番目って微妙ですね・・・。

 

何番目に明るいかは重要なのかわかりませんが、とにかく流れ星が流れること

だけは私でもわかったので方角ピークの時間帯をチェックしていきましょう!

 

ピーク時間

今年2018年のみずがめ座η流星群の極大日時は5月6日の17時ごろ、日本ではまだまだ明るい時間帯ですね。

また、月齢も満月の6日後とかなり明るいので、流星が月明かりにかき消されてしまう可能性が高いです。

したがって、1時間当たりの流星数の予測は10くらいとされています。極大時の17時はまだみずがめ座は

見えません。日本での真の狙い目は【明け方】! 夜明け前の2時間くらいが狙い目なので、徹夜をするよりは

早起きをがんばってみましょう!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000011-it_nlab-sci

 

ピークの時間帯は5月6日17時頃

でも今回はピークの時間帯だと観測しづらいんですね・・・。

そういう流星群もあるんですね。

 

日本の場合明け方の方が狙い目ということですが、夜明け前って早起きよりも

徹夜の方がいいと思うのは私だけ?

私みたいに早起き苦手な方はぜひ徹夜してください!

 

この記事の最初にGW最終日の思い出にって言いましたが、ほぼほぼ会社出勤前

って感じになってしまいそうですね。

それでも頑張れる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

方角

出勤前に流星群みて「仕事頑張るぞー」という方は方角もチェックしておきましょう!

 

みずがめ座自体は東の空に見えますが、流星群は空全体で現れるので

方角はそこまで気にしなくても大丈夫みたいです。

 

ただ、ちょうどその日が満月から数日しかたっていないので

月が明るくて星が見えづらい可能性があります。

なので月が見えない方角で流星群の観測をした方が「流れ星」を発見しやすいと思います。

 

ただ、みずがめ座η(イータ)流星群は南半球ではたくさんの流れ星が見られる流星群ですが

日本は北半球なので、流れ星の数が少ないとのことです。

しかも流れるスピード早い!

 

なので流星群と言いつつも観測できるのか微妙・・・。

それでも目を凝らして見ればきっと1つは見れると思うので、頑張ってみてください。

 

最後に

星が好きなので「流星群見たい」と思い調査してみましたが

7日も休みですが朝早くから予定があるので、流星群観測は無理そうです・・・。

 

でもこの流星群、ピークは6日17時ですが前後の日にちでも観測することは

可能みたいです。

なのでもし時間があったら空を見上げてみようかな。

 

皆さんもぜひこの機会に空を見上げてみてください!

たまたま流れ星が見れたらラッキーですよね。

流れ星が見れなくても、少しストレスが和らぐかも?

 

それではGWを楽しんだ後は、お仕事頑張りましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。