ストロベリームーンとは何?名前の由来とジンクスは?現象について調査!

この記事は2分で読めます

こんにちは。きぼりです。

 

今日は満月ですね!

今日の満月がストロベリームーンと言われるそうなんですが

ストロベリームーンって初めて聞いたので、それ何?って思っちゃいました。

 

ということで、今回はストロベリームーンについて調査したいと思います。

スポンサーリンク

 

ストロベリームーンとは

1年に1度だけの赤みがかった満月のことを「ストロベリームーン」というそうです。

 

ピンクの月ってとってもロマンチックですね♡

1年に1度だけということなので、見れたら少しだけかもしれませんがいいことありそう!

 

では、ストロベリームーンという名前になった由来をみていきましょう。

 

スポンサーリンク


 

由来・ジンクス

「ストロベリームーン」とは、ネイティブアメリカンがつけた『6月の満月』の俗称。

アメリカでは6月はいちごの収穫時期であることに加えて、月が赤みがかっていることから

そう名づけられたのだとか。ちなみにヨーロッパでは“赤つながり”で『ローズムーン』と

呼ばれているそうですよ。夏の時期は、太陽が高く上がるのに対して月は低く、大気の影響で

赤みがかって見えるのだとか。これは、朝日や夕日が赤いのと同じ原理です。また「ストロベリームーン」

には、その可愛らしいネーミングと色あいから、『恋愛運が上がる』、『大好きな人と結ばれる』なんてジンクスも

https://planetarium.konicaminolta.jp/stariumnavi/starguide/hoshizora/20180628.html

 

もともとはアメリカで名付けられたんですね。

ヨーロッパでは「ローズムーン」と言われているとゆうことなので

他にも違う名前がありそうですね。

また時間あったら調査してみます。

 

ピンクの満月ということで「恋愛系」のジンクスがありましたね。

でもただピンクの月ということで「ストロベリームーン」と名付けられているので

本当にこのジンクスが当たるのか、好きな人と本当に結ばれるのかはわかりません。

 

最後に

今日はストロベリームーンということなので調査しましたが、窓の外に見える満月を見ても

ピンクには見えないんですが・・・。

 

でも本当にうっすら赤っぽくなっているんでしょうかね。

 

好きな人がいる人や恋愛運アップしたい人はぜひ今日は「ストロベリームーン」を

眺めてみましょう!

もし想いがかなった人がいたら教えて欲しいです。

 

それでは。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。