王貞治の極秘入院の理由は病気?病名や病院を調査!

この記事は2分で読めます

こんにちは。きぼりです。

 

またまた台風が近づいて来ていて、これからの天気が心配ですね。

だんだん雨や風が強くなるので気をつけましょう!

 

さて、今回は王貞治さんが極秘入院されていたというニュースが飛び込んで来たので

どんな病気をされたのかや入院した病院なども調査したいと思います。

スポンサーリンク

 

王貞治極秘入院


8月3日から島根県で行われていた「世界少年野球大会」の期間中に

体調が悪くなり、現地で病院に行ったそうです。

 

今はもう大丈夫とのことなのでその点では安心しましたね!

 

ではどんな病気だったのでしょう。

 

入院の理由・病気は?

病名は「軽い肺炎」と診断されたそう。

 

軽かったので良かったですね。

入院は1週間ほどだったそうなので安心しました。

 

肺炎で亡くなられる方も多いので、ひどくなる前に病院に行って良かったですね。

 

スポンサーリンク

入院した病院は?

「世界少年野球大会」で島根県にいるときに病院にかかっているので

島根県松江市の病院に入院されていますね。

 

やはり守秘義務がありますし、入院自体知られないように極秘だったので

さすがに入院した病院まではわかりませんでした。

 

またもしわかったら追記いたします。

 

最後に

とにもかくにも「今はもう大丈夫」という言葉にホットしました。

 

私でも知っているビッグな方々がお亡くなりになられるニュースが最近多いので

そんなニュースは聞きたくないですからね。

 

王さんはすでに退院されてもう元気になられているみたいなので

これからも元気でいて欲しいです。

 

それでは。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。