ピエール瀧の保釈金(400万)は妥当?金額の設定の仕方や相場は?

この記事は3分で読めます

ピエール瀧さんの保釈を認める決定がされたというニュースが報道されましたね。

保釈保証金は400万とのこと。

 

このニュースを聞いて、ピエールさんはすごく稼いでいるのでもっともっと高い金額かと思っていたので、思いの外保釈金が安くてびっくりしました。

この記事にたどり着いたあなたも私と同じように思ったのではないでしょうか。

 

そんな私のような方も多いのではと思ったので、今回は保釈金の金額設定相場について、ピエール瀧さんの保釈金400万が妥当か調査しました。

スポンサーリンク

 

保釈金の金額設定の仕方は?

まずは保釈金の金額がどのように設定されるのかを見てみましょう。

 

だいたいは知っていると思いますが、保釈金は被告人が逃亡しないように「なくなったら困る」と思うような金額をそれぞれに合わせて設定します。

なのでもちろん収入や資産も基準になります。

と、ここまではきっとみなさん知っていると思います。

 

ですが収入や資産だけが基準ではありません。

その被告人の罪・事件の性質重大なものかどうかも基準になります。

 

例えば詐欺事件の場合はだまし取った金額や件数も基準になったりもするでしょう。

そしていくつもの罪で逮捕されている場合は、その分重大さが出てくると思うので金額も高めに設定されると思います。

 

それぞれの基準を全て考えて、裁判所が金額を設定します。

 

保釈金の金額の相場は?

それでは保釈金の相場はいくらくらいなのでしょう。

 

ズバリ相場は150万〜200万程度だそうです。

すごく貧乏な人とかはこんなに払わなくても、逃げたりしないと思うのでもっと金額が低いっていうこともあります。

ただ保釈金が払えないような人は保釈申請もしないでしょうからめちゃめちゃ安いってことはないと思います。

 

きちんと裁判に出れば保釈金が返ってくるので、その時にギリギリでもあればなんとか保釈されるということですね。

 

 

View this post on Instagram

 

お世話になりたくないですね。 #小菅 #拘置所 #保釈金

mknyaiさん(@kanaimotoki)がシェアした投稿 –

調査していたらこんなのもありました。

一旦立て替えてもらえたら貧乏な人も保釈されますね。

しっかり裁判に出れば返されるので立て替えてもらったところにも返せるということになりますが、そしたらこの会社は何の利益があるんでしょう?

 

この会社を調査しているわけではないのでそこまでは調査しませんがちょっと気になってしまいますね。

 

さてさて、保釈金の金額設定についてと相場を確認したところでピエール瀧さんの保釈金400万についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

ピエール瀧の保釈金(400万)は妥当?

 

収入や資産に関してになると、ピエール瀧さんはとっても活躍されていたのでお金はたくさんあったはずです。

もしかしたらコカインに使ってしまってそんなになかったということもあるかもしれませんが・・・。

でも奥さんもお子さんもいるそうなので、コカインで使い切ってしまうということはないはずです。

 

そしてピエール瀧さんの罪に関しては、コカイン使用ということで起訴されています。

ただ逮捕された時から罪を認めていましたし、そのような観点も加味されたかもしれないですね。

あとはピエール瀧さんの供述で受け渡しをしていた人も逮捕されているので、供述に関しても素直に証言していることも考慮されているかもしれないですね。

 

先ほど言ったように、保釈金の相場は150万〜200万。

なのでやはりピエール瀧さんは収入・資産がたくさんあるので相場よりも高い400万という設定になったんですね。

 

ちなみに覚せい剤で逮捕された元プロ野球選手の清原さんは500万だったそうなので、ピエール瀧さんも400万でだいたい同じです。

 

結局のところ、裁判所が決めた金額なので妥当でないわけがないですよね。

なのでピエール瀧さんの保釈金の金額が400万というのは、誰が何と言っても妥当ということです。

 

最後に

今回の調査でなんだかんだ調査しましたが結局、裁判所が決めた金額なので妥当に決まっていますよね。

 

色々時間をかけて調査しましたが、私のように疑問に思った方が少しでも納得と思っていただけたら嬉しいです。

私は調査しながら結局・・・。

という感じになってしまいましたが。

 

また疑問に思ったことがあったら調査していきます!

それでは。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。