任天堂へのファンレターの宛先はどこ?返事が来る書き方を調査!

この記事は4分で読めます

子供が任天堂にファンレターを出して返事が来たとその喜びをSNSで伝えて話題になっていますね。

以前にもこんな感じのことがあったような気がします。

 

任天堂のゲームを使ったことがある子供だったり、もちろん大人もその気持ちを伝えたいと思う方もいると思います。

 

こんな風に親切に返事をくれるなら、自分の子供にも書かせて送ってみたいと思う親御さんも多いはず!

私の子供はまだまだゲームすら上手にできないですが、いつかそんな時がきたら書かせてみたいなと思いました。

 

私のように思った方がきっと私以外にもいると思ったので、今回は任天堂へのファンレターの宛先返事が来る書き方について調査してみました。

スポンサーリンク

 

任天堂へのファンレターの宛先は?

まずこのお手紙が一生懸命すぎてほっこりですよね。

あんまり上手に書けないくらいが、返事をもらうコツかもしれない・・・。

 

子供が一生懸命書いても宛先がわからないと送れません。

 

ファンレターの宛先は、誰に読んで欲しいかによっても変わってくるようです。

アメリカの任天堂の4月に退任するレジー社長にお手紙を出したという方がいましたが、それはもちろんアメリカの住所で国際郵便になりますからね。

 

でもそのように特別誰にというのがなければ、任天堂の本社に送れば大丈夫とのことです。

本社の住所は・・・

〒601-8501
京都市南区上鳥羽鉾立町11番地1

 

宛名は・・・

任天堂株式会社 御中

 

しっかり「御中」も忘れずに書きましょうね。

ファンレターは子供が書いたものでもさすがに宛名は親が書きますから、しっかり常識ある書き方をしないと恥ずかしいですし、任天堂にも失礼ですから。

 

宛先がわかったところで、ではどんなファンレターを書けばいいのでしょうか?

どんな内容で書けばいいのか、どんな風に書いたらいいのかわからないよという方はこの後の内容もチェックしてみましょう。

 

任天堂へのファンレターの書き方は?

今回話題になった子が書いたファンレターは、子供の気持ちをそのまま子供の字で書いてありました。

内容は・・・

「スプラトゥーンのガチマッチがすきです ゲームつくるのがんばってください ポケモンもすきです」

 

手書きの絵やシールも添えてありました。

 

このように大人が書くような綺麗な文章よりも、子供が思ったように文章を書いた方が一生懸命さも伝わりますし、気持ちもそのまま伝わります。

 

任天堂からの返事には「スプラトゥーンを楽しんでくれているのが伝わる」と書いてあったので、楽しいという気持ちや大好きであることがそのまま伝わるような内容がいいですね。

 

大人の方が送る場合でも、子供のファンレターを送る場合でも、大好きだということが熱く語られていたら任天堂の人も「返事を書いてあげたい」「感謝の気持ちを伝えたい」と思ってくれるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

任天堂へのファンレターの返事の実例は?

一生懸命書いた手紙に任天堂から返事がきたというのが話題になったのは今までにも何回かありました。

今までどんなお返事が来たのかも気になるところですよね。

 

ツイッターを調査してみたところ・・・

アメリカのレジー社長にファンレターを出した方は、代筆の方の返事が来たという方がいました。

レジー社長本人の返事ではないものの心温まるような素敵な内容の返事に、受け取った方もとっても嬉しかったようです。

世界中の任天堂ファンを大切にしていることが伝わるような返事をくれたようでした。

 

これと似たように、今度は日本の岩田社長にファンレターを出した方もいました。

これは学校の授業で書いたということで、岩田社長がこの世界を目指すきっかけや経緯などが書かれた内容の返事をくれたようです。

岩田社長本人の名前で、短い内容ではなくびっしりと書かれたお返事が送られて来たそうです。

 

社長本人の名前が書かれていたからと言って本当に社長が自ら書いているかはわかりませんが、先ほどのレジー社長の例からすると代筆の場合は代筆と書いてあったので、このお返事は本当に岩田社長が書いてくれたものかもしれないですね。

そう考えると、社長自らお返事を書いてくれるなんて本当に神対応してくれる神企業だと思います。

 

そしてもう1つのお返事の内容は、実際SNSで私が見た内容ではなくて、こんなのもあったらしいというのがツイッターであったので実際はどんな内容だったのか、はたまた本当なのかただの噂なのかはわかりません。

その内容は、オーストラリアの女の子が書いたファンレターを出したらDSが送られて来たというものがありました。

とっても神対応の任天堂ですから、本当にありそうな話ですよね。

実際には本当なのかはわかりませんが、ここまでしていたら凄すぎます。

 

最後に

今回調査してみて思ったことは、結構「私も返事来たよ」「私の子供にも返事来た」「これからファンレター投函します」という方がいました。

 

私が小さい頃も大人になってからも、自分が大好きなもの気に入って使っているものを作った企業に感謝を伝えようなんて思ったこともなかったですが、企業にファンレターを書きたいという素敵な心の持ち主がそんなにたくさんいるんですね。

 

そして、任天堂はやはり神企業でした。

ファンレター全てに返事は書けないかもしれませんが、こんな大企業が個人のお手紙に返事をすること自体神対応すぎます。

ツイッター上でも返事来たという人がこんなにいたので世界中にはもっともっとたくさんいるということです。

 

なのできっと一生懸命書いたファンレターや大好きな気持ちを熱く語ったファンレターにはお返事してくれると思います。

あなたもその気持ちをぜひ任天堂へのファンレターに託して送ってみてください。

 

私は息子がもう少し大きくなって任天堂のゲームをするようになったら書かせてみたいと勝手に思っています。

書きたいと言い出すような子に育ってくれたら1番いいなと思います。

 

それでは。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。