こと座流星群2019のピーク(極大)はいつ?時間や方角を調査!

この記事は3分で読めます

もうすぐこと座流星群が見られるみたいですね!

 

流星群の時期になると、普段そんなに夜空を眺めることがない方も「少し眺めてみようかな」「流れ星を探してみようかな」と思う方も多いと思います。

 

私も星を見るのは好きな方なんですが、子供が生まれてからはなかなか夜空をゆっくり眺めたり、流星群を観測するために出かけたりはできていないです。

 

この記事にたどり着いたあなたもきっと普段なかなか星を眺めたりできない毎日を送っている方ではないでしょうか。

流星群の日だけは恋人や家族と一緒に星を眺めたいですよね。

 

そこで今回はこと座流星群のピーク(極大)日にちや時間方角について調査したいと思います。

スポンサーリンク

 

こと座流星群2019のピーク(極大)の日にちと時間は?

 

View this post on Instagram

 

#こと座流星群

ななこ むらやーま / photographerさん(@nanaaaako_)がシェアした投稿 –

 

流星群が見られると言われると見たいと思うけど、いつだっけ?となってしまいますよね。

ここでしっかり日にちを確認しておきましょう。

 

こと座流星群がピーク(極大)になるのは

2019年4月23日(火)

 

火曜日ということはお仕事の方がほとんどですね。

子供は学校があるのでなかなか家族で見ましょうと出来なさそう。

 

しかもピーク(極大)の時間帯が

未明から明け方

 

1番ピーク(極大)になるのは4月23日(火)朝9時ごろだそうです。

 

なおさら見れない方が多いですね。

学校や仕事が休みだったら子供と一緒に流れ星を探そうという気持ちになりますが・・・。

 

学校でも仕事でもおかまいなしに夜更かしできるよという方は、ぜひ流れ星を探してください!

きっとたくさんの人がこと座流星群を眺められない分願いが叶うかもしれません。

 

こと座流星群2019の方角は?

「何時になっても絶対流れ星を見つけて願いを叶えてやる!」という方は、観測できる方角もチェックしましょう。

 

4月こと座流星群は、夏の星座「こと座」の見える東側の空に昇ります。つまり、夏の大三角形の「ベガ・アルタイル・デネブ」のうち「ベガ」の1等星のすぐ右側が放射点となります。
ただし、流星は放射点を中心に夜空のどこからでも流れるため、なるべく月明かりが視界に入らない場所を見ると流星が見やすくなります。

引用:お天気.com

 

こと座は東側の空に登るので、どこを探せばいいかわからないよという方は東の空を眺めてみましょう。

 

東ってどっち?という方もいるかと思います。

そんな方は、特に東じゃないと観測できないわけじゃないので、とにかく夜空を見上げてみてください。

 

こと座流星群2019のピーク(極大)時の流れ星はどれくらい観測できる?

今年のこと座流星群の観測はとても条件が悪いです。

 

22日(月)の月は満月なので、その月明かりが邪魔をしてなかなか流星を見つけられません。

しかも1番のピークは23日(火)の9時ごろ。

1番のピークの時にはすでにあたりは明るいので、もちろん星は見えないです。

 

そんな中での観測になるので、流れ星を見つけられるのも少なくなる予想です。

流れ星自体は1時間に10個くらいは出現する予定とのことですが、観測条件的に考えると実際見られるのはもう少し少なくなりそうな予感ですね。

 

たくさんの流れ星を見つけるには、なるべく月明かりが気にならなくて暗い場所で観測しましょう。

 

スポンサーリンク

こと座流星群2019観測に適している場所は?

先ほど言った月明かりが気にならない暗い場所というのはもちろんみなさんわかっていると思います。

それ以外に観測するのに適している場所も確認しておきましょう。

 

月明かりが気にならない方角や場所であっても、街灯や建物の明かりが煌々としているところでは星が観測しにくいです。

なので街灯などが少ない場所を選びましょう!

 

そして方角がわからないという方が多いと思いますので、なるべく広く空が見渡せるような高台などもいいと思います。

そしたら方角がわからなくても、いろんな方角の空を1度に探せますからね!

 

高台が近所にない方は、広場でもいいと思います。

広場だと周りに建物がないので、高台でなくても空が広く見渡せるはずです。

 

このような場所を探してこと座流星群を観測して見てください!

 

最後に

こと座流星群のピーク(極大)は23日(火)未明から明け方ですが、なかなか明るくなってきてしまうと観測しにくいです。

なので22日(月)23時ごろがまだ暗くて1番観測しやすいと思います。

 

ピーク(極大)は23日(火)ということですが、その前からこと座流星群は始まっていますので都合がつく時間で観測して見てください。

流れ星の数は少ないかもしれませんが、見つけることができるかもしれません。

 

ピーク(極大)の時でも観測条件が悪いので、結局見つけられない可能性もあります。

なので無理にピーク(極大)の時間に合わせなくても同じのような気がします。

 

どの時間に観測するにしても流れ星を見つけられるかは、あなたの運次第ですね!

私もできたらこの機会に久しぶりに夜空を眺めてみたいと思います。

 

みなさんが流れ星を見つけられますように・・・。

それでは。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。