みずがめ座流星群2019(7月)静岡のピーク時間や方角まとめ!穴場スポットも

この記事は3分で読めます

7月はみずがめ座流星群が観測できる季節ですね。

 

5月にもみずがめ座η流星群があり、7月にもみずがめ座δ流星群があるので近い時にあると流星を見つけるチャンスがたくさんあっていいですね。

 

この記事にたどり着いてあなたはきっと5月のみずがめ座η流星群を見逃してしまったのではないでしょうか。

そんな方は7月のみずがめ座δ流星群は絶対見たいと思っていることでしょう。

 

5月のみずがめ座流星群についても調査したのでついでに7月のみずがめ座δ流星群も調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

みずがめ座流星群2019(7月)静岡のピーク時間

 

7月はもう少し先ですが、5月のみずがめ座流星群を見逃してしまった方は7月には絶対と意気込んでいると思います。

事前に流星群が見られる日にちや時間をチェックして、予定に入れておきましょう!

 

早速ですが7月のみずがめ座流星群のピークはいつなのでしょう。

ズバリ7月28日と予想されています。

 

はっきりとしたピークの時間までは発表されていませんが、前後数日は流星群が見られるそうなのでとりあえずその周辺の日にちの予定は空けておきましょう。

 

ピークの時間まで発表されたらまた追記いたします。

 

7月28日は日曜日なので、時間によっては次の日の仕事に響くこともあるかもしれないですね。

前後数日間は流星が見られるので、どうしても仕事に響きたくない方は27日(土)に前倒しして観測を試みるのもいいと思います!

 

みずがめ座流星群2019(7月)静岡の方角

それではピークの日にちをチェックしたところで、観測するときにはどこ見たらいいのかわからないですよね。

方角がわからなくて流星を1つも見つけられなかったらとっても残念です。

なので、方角もチェックしておきましょう。

 

「静岡の」とタイトルに入れましたが、日本だったらどこでもみずがめ座の昇る方角は一緒です。

どこの地域でも東の空に昇ります。

 

ですが、流星群が観測できる方角というと東の空だけではなく空全体で流星は発生するので、特定の方角ではなくても大丈夫です。

なので特にコンパスとかで測ったりもしないで、とにかく空が広く見渡せるような場所で空全体を眺めましょう。

 

スポンサーリンク


 

みずがめ座流星群2019(7月)静岡の穴場スポット

ピークの時間と方角を確認したので、今度は流星群を観測しやすい穴場スポットもチェックしておきましょう。

 

静岡県内で流星群が観測できるスポットは・・・

爪木崎公園

 

こちらでは灯台と星空の撮影が人気のようです。

流星を観測する時は夜なので、電車などの公共交通機関で行くのは大変そうなので駐車場は有料ですがぜひ車で行ってください。

 

駐車場から灯台まで行くのは少し距離があるみたいなので、灯台と星空の撮影をしたい方でなければそこまで行かなくても流星の観測はできるはずです!

 

あいあい岬

月明かり以外の光がほとんどないので、星を眺めるのにはうってつけのスポットです。

 

みずがめ座流星群は空全体に流星が出現する可能性があるので、駐車場にとめた車の中からでも観測することができることもあります。

ただ車の中だと空全体は見渡せないので、流星を見逃してしまうこともあります。

なのでせっかくなので、車の中からではなく外に出て観測してみてください。

 

この他のスポットでも高台や広場など、空が広く見渡せる場所で流星群を観測してみてください。

なるべく街灯が少ないところの方が観測しやすいですよ。

 

最後に

7月のみずがめ座流星群なので、もう少し先ですが今から楽しみになってきましたね。

夏は流星群の活動が活発になる時期なのでその他の流星群も楽しみです。

 

観測の際は、夏でも夜は涼しくなっているので羽織るものなどは必ず持って行きましょう。

 

それでは。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。