子供のものもらいは小児科と眼科どっちに行く?保育園は行っていい?

この記事は3分で読めます

子供がものもらいになりました。

風邪などの時は小児科に連れて行きますが、目の関係だったり耳の関係だったりすると小児科でいいのかな?と疑問に思いますよね。

 

今回はものもらいになったので、小児科じゃなくて眼科に行った方がいいのかな?と悩んでしまいました。

この記事にたどり着いたそこのあなたも今私と同じように悩んでいるのではないでしょうか。

 

ということで今回は子供がものもらいになったら小児科と眼科どっちに行けばいいのか、そして保育園は行っていいのかについて調査してみました。

スポンサーリンク

子供のものもらいは小児科と眼科どっちに行く?

 

小児科では風邪でも湿疹でもわりと全般に見てくれますよね。

なので大体の子供が何かなった時には小児科に行くと思います。

 

でも目に何かできちゃった時とか充血しちゃってたりした時は、病院に行こうと思っても眼科の方がいいのかな?と迷いますよね。

初めてのことだとなおさら。

 

そこで今回の経験と調査内容をまとめたいと思います。

 

調査してみたところ経験者の方の声では

「小児科に行ったら目薬が出されて、これで治らなかったら眼科に行って下さいと言われた」

というのがありました。

 

今回私も小児科に連れて行った所、目薬を出されました。

小児科の先生には「これはものもらいですね。目薬出しときますよ」だけ言われました。

 

なので、軽そうな症状だったらまずは小児科でも良さそうに思います。

でも眼科に行っても間違いというわけではないので、どっちに行ったらいいんだろ?と迷う感じの症状だったら小児科でも眼科でも大丈夫です。

 

明らかにひどそうだったり、心配な方は最初から眼科に行った方が安心するかと思います。

ものもらいだと思っても違ったということもありますからね。

 

次に、ものもらいになった時には保育園に行ってもいいのかな?と疑問に思う方が多いと思うので、こちらも確認しておきましょう。

 

子供のものもらい保育園に行っても大丈夫?

感染症などにかかると保育園に行けないので、そうなると仕事も休まないといけないので大変ですよね。

もし保育園に行けることなら行ってほしい。

働いているママは誰しもがそう思うはずです。

 

ものもらいってうつるってイメージなのでもしかして治るまで保育園行けないのかもと思いました。

しかし調査してみたところ、ものもらいはうつらないんですって!

だから出席停止にはなりません

 

今回小児科の先生にも保育園に行っちゃダメって言われなかったので一安心でした。

 

出席停止にならないのはあくまでも「ものもらい」に関してです。

出席停止になる目の病気もあるのでそちらもチェックしておきましょう。

ものもらいによく似ている病気もあるので自己判断は禁物ですよ!

 

スポンサーリンク

出席停止になる目の病気は?

ものもらいによく似ている目の病気は2つあります。

  • 霰粒腫
  • 流行性角結膜炎(はやり目)

 

霰粒腫はものもらいと見た感じはよく似ていますが、痛みとかゆみがものもらいに比べて少ないです。

こちらはまつげの際にある油分を分泌するところが詰まってしまって炎症が起きてしまうものなので、感染症ではないので人にうつることはありません。

なので出席停止にはなりません。

 

流行性角結膜炎(はやり目)はウイルスによって炎症が起きてしまうものです。

目やにや涙がたくさん出てきて充血もします。

ものもらいと似ていますが、とっても感染力の強いことからはやり目と言われています。

御察しの通りこれになってしまったら出席停止です!

 

ものもらいに関してもこの上の2つに関しても、よく似ているので勝手な判断でものもらいだと思っていたらはやり目だったということもあります。

気付いた時には保育園のクラス中にうつってしまった後だったとかになったら大変なので、目の異常に気付いたら必ず病院に行きましょう。

 

はやり目に関しては子供だけではなく大人でも仕事に行っては行けませんよ。

病院の先生がいいと言うまで学校も仕事も行けません。

 

最後に

今回の調査で小児科と眼科の選択に関して、なんとなくボーダーラインがわかった気がします。

 

私の子供は先日まで中耳炎もやっていたのですがそれに関しても小児科か耳鼻科か迷った経験があります。

だいたいは小児科で大丈夫だけど、小児科で対応できない場合は眼科や耳鼻科を紹介されるんだなと思いました。

 

小児科に行く前から症状がひどかったりする場合は最初から眼科でいいと思います。

 

どっちに行ったとしても正解だということに今回気づきました。

 

ものもらいに似た病気もあったので、病院に行かずにものもらいと勝手に判断しなくてよかったと思います。

やっぱり病院の先生にしっかり見てもらった方が安心ですからね。

 

それでは皆さんのお子さんのものもらいも早く治りますように。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。